医療関係者の方へ

病診連携室

眼科【蛍光眼底造影検査】依頼について

Optos ~超広角眼底カメラ~ 導入しました

Optos ★一回の撮影で画角200度の範囲を撮影可能になりました!!!

疑似カラー画像
レッドフリー画像
レッド画像
自発蛍光(AF)画像
フルオレセイン蛍光眼底造影(FAG)
インドシアニングリーン蛍光眼底造影(IA)
  • 増殖性糖尿病網膜症(FA)
    増殖性糖尿病網膜症(FA)
  • 網膜剥離
    網膜剥離
  • (AF)
    (AF)
網膜の80%以上の領域の高解像度画像が撮影可能になるため観察困難な眼底周辺部の病変も捉えられます。さらに蛍光剤を使用せずRPEの視細胞外節の代謝機能を評価することのできる代謝産物リポフスチンの自発蛍光撮影も可能であり、加齢黄斑変性他、各種黄斑疾患の把握に有用です
検査可能日

月・火・水・金・土 9:00予約 完全予約制です。
(事務受付がある為、8:45来院に病院へお越し頂きます。)

検査の注意事項
瞳孔を開くので、乗り物(車、バイク、自転車)での御来院は控えて下さい。
検査終了後も、半日ぐらいは運転をお控えください。
食事や薬の制限はありませんが過度な食事はお控えください。
検査時間に個人差はありますが、90分~120分ぐらいかかります。
診察も含まれています。検査の結果・御報告書をお渡しいたします。

病診連携室にて検査の御予約をお願いします。

予約方法
(1)
 貴院より電話にて検査予約をお願い致します。
(2)
 検査日時の決定後、予約票を貴院へFAX致します。
(3)
 診療情報提供書の控えを病診連携室へFAXして頂きます。
津田沼中央総合病院 病診連携室
TEL:047-473-3686
FAX:047-475-5116

▲ページのトップへ