津田沼中央総合病院だより

2015年度

第51回 AMG大運動会

第51回 AMG大運動会

第51回 AMG大運動会今年度は、心機一転一体感を深めるため『ターコイズブルーTシャツ』を新調して上位を目指すべく始まった運動会練習。

しかし、練習場所の確保が困難で各種目とも思うような練習が出来ないまま大会本番を迎える。

1種目「百足8の字リレー」練習不足からか、順位が徐々に後退し結果6位。
2種目「玉入れ」練習では50個以上入っていた玉が本番では緊張のためか……結果6位。
3種目「綱引き」1回戦:フライングギリギリで白岡に僅差で勝利。
2回戦:優勝候補船橋と対戦。攻守の攻防の結果僅差で敗退。この時点で総合順位6位となり、来年度の主催担当病院になる危機的状況で最終種目「病院対抗リレー」を迎えた。

スタートの合図とともに、選手は順位を一つでも上げようと必死に激走を繰り広げる。応援席では一喜一憂しながら職員みんなで声が枯れるまで必死の応援!リレーの結果は練習不足が大きく露呈した形で最下位という残念な結果。しかし、職員全員が一つの競技に一喜一憂しながら盛大な応援をし、『気持ちを一つに出来た瞬間』ではなかったかなと感じています。

最終結果:総合順位は6位と来年度の主催担当病院は免れましたが、来年度に向けて、運動部一同で反省会を開き、来年は楽しめる運動会に出来るように計画を立てようと考えています。 運動会に参加されたみなさん本当にお疲れ様でした。また、準備等ご協力いただいた方々、誠にありがとうございました。

医事課 佐藤(運動部)

第51回 AMG大運動会

▲ページのトップへ

防災訓練

防災訓練

昨年は、地震の想定で今回は火災を想定した訓練をしました。
今回病棟ではアクションカードの導入と、実際の搬送について護送・担送患者をスタッフ2人で階段を降りてみました。実際に火災が起きたときのシミュレーションをしたことで課題や対応策について見直せたと思います。あってはならない状況ですが、もしなったときのために皆が協力して対応できるように防災の知識や対応策について引き続き皆で考えていきましょう。
当日参加していただいた皆様お疲れ様でした。

4西病棟 桐生

▲ページのトップへ

第38回 消火栓消化競技大会

第38回 消火栓消化競技大会

消火栓大会に参加して

今回消化栓大会に参加して、協力性の大切さ・冷静さなど医療現場でも必要なことを再認識することが出来ました。また消化栓を扱う事はなかったので、今回とても貴重な経験をさせて頂いたと思います。結果は2位となってしまいましたが、この経験が万が一火災となってしまった時に対応出来るよう、日頃から防災について関心を持っていきたいです。

リハビリテーション科 白濱美礼

第38回 消火栓消化競技大会

▲ページのトップへ

患者様用図書室 日祝日解放

患者様用図書室 日祝日解放

▲ページのトップへ

予防接種とワクチン

『予防接種』ってそもそも何のために受けるのでしょう。

「一度おたふくかぜにかかったらもう二度とかからない」この状況をおたふくかぜに免疫を持っているといいます。免疫ができる病気がいくつか知られていますので、疫(えやみ)にかかって獲得する免疫ではなくあらかじめ免疫を作り上げる工夫がされています。

免疫を作るもとになるもの(これがワクチンと呼ばれるものです)を注射したり、皮膚につけたりして免疫を得ようとする方法が予防接種です。

予防接種は大切な感染防止対策です。
受けていない予防接種があるなら受けてくださいね。

感染防止対策室 柳澤

予防接種とワクチン

 

▲ページのトップへ

全国がん登録開始

全国がん登録開始

当院で「がん」と診断した場合や、他院で診断され当院で継続治療をするがん患者さんの
情報を、国へ届出する義務があります。病院で働く皆さんも是非知っておいてください!

全国がん登録開始

▲ページのトップへ

ディズニーランド&シー

ディズニーランド&シー

▲ページのトップへ

新入職医師紹介

新入職医師紹介

新入職医師紹介

木村 裕行先生

平成27年8月より津田沼中央総合病院内科の常勤医となりました木村裕行です。

千葉大学医学部を卒業後、九州大学医学部付属病 院・聖マリア病院・徳洲会福岡病院などを経て、一般内科・総合内科医として活動してきました。

今後も糖尿病を中心として感染症・心身症など幅広くプライマリーケアに関わって行きたいと考えていますので、御指導・御鞭撻のほどよろしくお願いいたします。
新入職医師紹介

武藤 奈緒子先生

平成27年9月1日より津田沼中央総合病院に耳鼻咽喉科の常勤医として入職致しました。東京都内の病院に研修医として就職し25年ほどお世話になりました。その間主に鼻・副鼻腔疾患と頭頚部疾患の手術をしてまいりました。その後生命保険会社、耳鼻咽喉科単科のクリニックなどを経て現在に至ります。

今年は猛暑とその後の気候不順のためか、めまいを訴えてみえる方が多いようです。のどを痛めてみえる方も多いで す。体調管理が大切だと痛感します。当院では外来診療が主体となりますが、いずれ1人でもできる外来手術もしたいと考えています。処方薬の制限が多く慣れるまでは戸惑うことが多そうです。

家族は連れ合いと猫が1匹です。連れ合いは遠隔地にいますが、そろそろ今後の身の振り方をどうするか悩んでいます。8月に家に来たばかりの子猫はなかなかのお転婆で、いろいろな事をやらかすので見ていて飽きません。ただそうでなくても片付かない家の中が益々雑然として困っています。これからいろいろ教えていただきながらこちらでの診療に力を入れていく所存です。
よろしくお願い致します。

資格 日本耳鼻咽喉科学会認定専門医
日本医師会認定産業医

▲ページのトップへ

CMS学会

CMS学会
2015年9月6日にCMS学会が行われました

この度パシフィコ横浜で行われたCMS学会に参加させて頂きました。
中途入職であった私には初めての学会参加であったためとても楽しみでした。
ポスター発表や口述発表など様々な発表の中で、やはり地域包括ケアシステムなどが多く見られた印象でした。今後病院ではより早期退院が進み、介護保険下での地域でのケアが必要になることが分かっていることからも、より興味を持って参加させて頂くことが出来たと思っています。
今後も機会があれば是非とも参加させて頂きたいと考えます。

病診連携室 松本 裕史

  

CMS学会

私は昨年に続き今年もCMS学会に参加させて頂きました。CMS学会はリハビリだけでなく、他職種の取り組みや連携の取り方に関しての発表が多く、自身の視野を広げることができました。今後各職種が能力向上していく中で埋没せずセラピストとしての専門性を高め必要とされる人材でありたいと感じました。
毎年違った視点から得られるものがある為今後も機会があれば参加したいと考えています。

リハビリテーション科 安田 大志

  

CMS学会

▲ページのトップへ

ふれあい看護体験

ふれあい看護体験

ふれあい看護体験
7月にふれあい看護体験があり、5西病棟に中学生3名が来ました。
近い将来、どんな看護師さんになっているのか、
とてもたのしみです。

5東病棟 駒井副師長

▲ページのトップへ

納涼祭

納涼祭

納涼祭

▲ページのトップへ

習志野きらっと2015

習志野きらっと2015

習志野きらっと2015

習志野きらっと2015 所属:看護部
職種:看護師
氏名:野村 萩太
習志野きらっと2015に参加してみて

今回、習志野の市民祭りである習志野きらっとのサンバパレードに初めて参加した。
当院の他にも沢山のグループが参加しており、市全体で行われている大規模な祭りであることを実感した。サンバの内容としては、数百メートルを音楽に合わせて全員で踊りながら目的地に向かうというものであったが、大人数が同じ踊りをしながら1つの目的地に向かっているので、市全体での一体感がうまれ団結力が強まっていくことを実際に一緒に踊ることで実感することができた。

習志野きらっと2015 病院ではチーム医療が大切であるが、市全体がチームになり一体になることも重要なことであり、沢山の人たちが支え合いながら市全体が成り立っていると感じた。また、音楽に合わせながら踊ることで、清々しい気持ちになり、ストレスや不安を一時的に吹き飛ばすことができた。時には身体を動かすことで、ストレスを発散する必要があると感じた。とても楽しいひと時であったので、来年も予定があえば是非とも参加したい。

習志野きらっと2015

▲ページのトップへ

ボランティア委員会より

ボランティア委員会より

・プルタブ・使用済み切手・プリペイドカードの寄付
当院では、プルタブやプリペイドカード、使用済切手等を習志野市社会福祉協議会へ、またペットボトルのキャップをエコキャップ推進協会へ寄付しています。
集まったプルタブルタブや切手を平成27年6月1日、社会福祉協議会へ寄付しました。ご協力ありがとうございました。

・エコキャップの回収、寄付活動について
日頃、エコキャップの回収活動にご協力していただきありがとうございます。
当院での回収寄付実績、1.087.280個です。
本年度の4月に報道されました、エコキャップ推進協会の収益が本来の目的とされていた、発展途上国へのポリオワクチンの寄付以外の用途に使われていた件について、院内でもエコキャップ推進協会に対する不信の声が上がり、今後もこのまま活動を続けるかどうか委員会で検討をしました。
報道のあとの協会の活動について、ホームページ上で確認をし、現在は協会の決算書の情報開示や収益の使用先をホームページ上で行っているなどの対応がされていることや、当院での回収活動に長く協力していただいている患者さんも多いこともあり、この活動を続けていくこととしました。
引き続きご協力の程、よろしくお願い致します。

 
・図書室のご案内
ボランティア委員会より2階の売店横に図書室があること、ご存じのことと思います。患者さんや職員より寄付していただいた本をボランティアが製本、著者ごとに分類して整理をしてくれています。
現在の蔵書は1984冊、平均月100冊の図書の貸し出しを行っています。

職員の方もぜひご利用ください。本の寄付も随時お受けしています。

▲ページのトップへ

バスケ部活動紹介

バスケ部活動紹介

部員:
リハ、ME、薬剤科、看護部などなど多職種で活動中!!
活動場所:
火曜日>習志野体育館 金曜日>津田沼小
(週2回は7月までです)
時間:
19:00~21:00
特徴:
時には違ったことで活動してます!!
バスケ経験者だけでなく、初心者でも大歓迎☆★☆
運動したい方は是非一度体育館へ★☆★
 

バスケ部活動紹介

<大会には3ヶ月に1回程度参加してます!!>
問い合わせ先:リハビリテーション科 大友・半沢・大石

▲ページのトップへ

優良職員祝賀会

優良職員祝賀会

平成17年に津田沼中央総合病院に入職してはや10年の月日が経ちました。
入職して早速、新入職員研修のリーダーを任され、不安な気持ちでなんとかやり過ごした記憶は今でも鮮明に思い出します。10年経った今でも、同期からリーダーと呼ばれるときがあり、とても懐かしい気持ちになります。
 仕事では、入職してから7年間医事課で働き、現在所属している病診連携室で3年間働いています。大学では、畑違いの学問を学んでいたので、入職した当初は診療報酬の知識が全くなく、同期や先輩方に教わりながら必死に仕事をしていました。
 病診連携室に配属になってからは、外部の診療所や病院との先生とのやりとりが多くなり、今まで院内の事しか知りませんでしたが、当院が地域でどんな役割を果たしているのか客観的に見ることができるようになりました。
 どちらの部署でも、辛いとき、苦しい時、泣いた時は多々ありましたが、上司、先輩、同期、後輩とたくさんの方々のサポートがあってなんとか、食いしばって今までやってくることができました。これからも今までの知識と経験を生かし、微力ながらも津田沼中央総合病院、AMGの職員として精進してまいりたいと思います。よろしくお願いいたします。

病診連携室 松本 裕史

  

▲ページのトップへ

AMGバレー大会

AMGバレー大会

AMGバレー大会

1回戦:vs笛吹  3-15(×) 2回戦vs上尾医専 9-15(×)
残念ながら「0勝2敗」で予選突破はできませんでした。
来年は目指せ1勝を合い言葉にチームを立て直してがんばりましょう!
選手の皆さん本当にお疲れ様でした!

▲ページのトップへ

フットサル部活動紹介

フットサル部活動紹介

フットサル部活動紹介

当院フットサルチームは月2~3回程度活動しています。
経験者、未経験者、職種問わず、皆楽しくをモットーに活動しています。サッカー好きな人、運動不足を解消したい人、他部署と交流を持ちたい人、動機は何でも結構ですので、気軽に参加して頂ければと思います。
また、ケアセンター習志野、船橋総合病院、千葉県警等、外部の方とも合同練習をしています。
興味がある方は病診連携室 松本まで気軽に声かけて下さい。

▲ページのトップへ

看護フェア

看護フェア

 5月12日 看護の日
看護フェア
 フローセンス・ナイチンゲールの誕生日にちなみ、制定されました。
21世紀の高齢化社会を支えていくためには、看護の心、ケアの心、助け合いの心を私たち一人一人が分かち合うことが必要です。こうした心を、老若男女を問わずだれもが育むきっかけになるようにと、1990年に「看護の日」が制定されました。
当院では、毎年看護フェアを開催しています。地域の皆様に来ていただき、健康について考え、また相談の場となっています。
看護フェア 今年も、健康相談や栄養・食事、介護、薬剤、がんについてなど、専門家による相談やアドバイス、血圧や体脂肪、血管年齢測定など、多くの方が参加されました。
各部署の協力の他、看護師1年目の皆さんがスタッフとして参加し、とても活気ある一日でした。地域の方々とふれ合うよい機会でした。
来場者107名 

透析センター 佐藤美幸

  

看護フェア

▲ページのトップへ

新入職研修

新入職研修

新入職研修

Cherry Blossoms

研修担当 総務課 上野さんより

今年度も4月6日から9日まで院内研修を担当させて頂きました。
防災訓練から、救命講習まで内容が盛り沢山の院内研修でしたが、欠席者もなく全員参加で4日間開催することができました。
研修では毎日職種を越えてチームを作り、みんなが結束して発表や作業に一生懸命取り組んでいました。この経験が今後のみんなのチーム医療の礎になればと思います。
また、今回の研修開催にあたり各部署、各委員会より多数の方にご協力いただきまして本当に有難うございました。

Cherry Blossoms

新入職研修

▲ページのトップへ

  • 研修を希望される方へ
  • 津田沼中央総合病院 看護部【看護師募集】
  • 津田沼中央総合病院 【新卒看護師採用サイト】
  • イベント・セミナー
  • 津田沼中央総合病院だより
  • いただいた投書へのお返事
  • 患者権利章典
  • 当施設はAMGの施設です。詳しくはこちら 上尾中央医科グループ