部門紹介

薬剤科

   

 

 

院内の薬剤科では、「患者さま中心の医療に沿った薬物療法に寄与する」ことを理念に業務を行っています。

院内で取り扱われる医薬品の購入・管理・調剤・情報の収集・伝達など、すべての事項について、院内薬剤師が業務を行っています。また、チーム医療にも積極的に参加しています。

薬事日報

当院薬剤科の記事が掲載されました。

薬事日報

調剤業務

主に入院患者さまの内服薬や注射薬を調剤しています。

安全で質の高い薬物療法を確保するためには、最適な薬物の選択と用法・用量に留意する必要があります。お薬の飲み合わせや、疾患などに留意しながら調剤・監査を行っています。

製剤業務

患者さま個々に最適な薬物を選択する際、お薬の加工や混合が必要な場合があります。

専門知識をもつ薬剤師が、品質の均一化・保持などに留意しながら調製しています。

薬剤管理指導業務

患者さまに安心して、安全かつ質の高い薬物療法をうけていただくために、薬剤師がベッドサイドにおもむき、お薬の説明や服薬状況・効果・副作用の確認をしています。各階のサテライトファーマシーに薬剤師は常駐しています。薬歴の確認・管理は、安全に治療をうけるために重要です。

医薬品情報業務

医薬品を適正に使用するために、その情報を迅速かつ適切に提供しています。

医薬品の情報の収集・整理・専門的評価を行い、医師などの医療関係者や、患者さまの質疑に対して情報提供いたします。

医薬品管理業務

質の高い薬物療法を提供するために、医薬品の最適な品質を保持し、適正な在庫量を確保しています。

薬剤科実績

  • 日本病院薬剤師会がん薬物療法認定薬剤師
  • 日本糖尿病療養指導士
  • 日本薬剤師研修センター認定薬剤師
  • 認定実務実習指導薬剤師
  • スポーツファーマシスト
  • NST専門療法士
  • 小児薬物療法認定薬剤師 など

資格をもつ薬剤師が多数在籍しています。

▲ページのトップへ