部門紹介

リハビリテーション科

リハビリテーション室スタッフ

リハビリテーションとは?

人は、日常生活の中で様々な動作を自然に行っています。それが何らかの原因(事故・病気)で困難になることを「障害」と言います。


障害された体と心を改善するとともに、残された機能を最大限に生かし、日常生活を向上させる、あるいは維持する為の治療を「リハビリテーション」と言います。

最近、QOL(Quality of Life:生活の質)という言葉が聞かれるようになりました。障害を持っていても、いなくても、心にゆとりを持った自分なりの生活を志すということです。

その中でも、障害を持たれた方に対し、「できない」ことを「できる」よう、また介助が必要な場合には、介助量を少なくし、家庭復帰や社会復帰ができるよう、私たちリハビリテーションスタッフがお手伝いさせていただきます。

医師紹介

横山 通夫
リハビリテーション科専門医・指導医
回復期リハ病棟専従医
身体障害者手帳作成:肢体不自由
言語機能またはそしゃく機能障害

当院のリハビリテーション

急性期・回復期は365日リハを行い、リハビリテーション専門医が常勤1名・非常勤1名おり、
日々相談しながらリハビリテーションの質の向上を目指しています。

リハビリ室
▲リハビリ室
ベランダ
▲ベランダ
施設基準概要
施設基準
脳血管疾患等リハビリテーション I
運動器リハビリテーション I
呼吸器リハビリテーション I
スタッフ
リハビリテーション専門医
常勤1名・非常勤1名
理学療法士
49名
作業療法士
18名
言語聴覚士
10名
受付
2名
合計
81名
有資格者
3学会合同呼吸療法認定士
7名
回復期病棟認定セラピストマネジャー
1名
介護支援専門員
3名
がんリハビリテーション研修修了者
2名

▲ページのトップへ