部門紹介

専門外来-睡眠時無呼吸症候群

無呼吸症候群外来の紹介

このような症状の方は大きないびき日中の眠気熟睡感がない起床時の頭痛

睡眠時無呼吸症候群とは?

睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome:SAS)は気道の閉塞等が原因で睡眠中に何回も呼吸が止まる病気です。日中の眠気、大きないびき、起床時の頭痛、熟睡感がない等の症状に加え、高血圧、糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病を引き起こします。さらに脳梗塞や心筋梗塞など重篤な合併症を引き起こしやすくなります。

SASの診断

SASの可能性が疑われた場合、自宅でできる簡易検査(指や鼻にセンサーを取り付け気流の状態や血中酸素飽和度を測定する)と、一泊入院して脳波、筋電図、心電図まで取り付ける精密検査(終夜睡眠ポリグラフ検査:PSG)があります。無呼吸のタイプや睡眠の質の判定にはPSG検査が必要になります。

治療

減量、禁酒、睡眠薬の常用の禁止等、生活習慣の改善が大切です。
中等症~重症のSASに対して、経鼻的持続陽圧呼吸装置(CPAP)を用い治療します。
軽症~中等症のSASに対して、当院と連携する歯科病院/医院にマウスピース治療を依頼する場合があります。これらの治療だけで上手くいかない時に、耳鼻咽喉科での手術が必要な場合があります。

あなたはいくつあてはまりますか?
■睡眠時無呼吸症候群 チェックリスト■
  • 毎晩、激しいいびきをかくと言われる
  • 睡眠中、呼吸がしばしば止まっていると言われる
  • 朝、頭痛や頭重感がある
  • 日中、眠気を感じる
  • 日中、よく居眠りをする
  • 眠いが浅い
  • 睡眠中、何度も排尿の為に起きる
  • 仕事中など、集中力が続かない
  • 朝、喉の渇きがある
  • 血圧が高い
  • 肥満である
が1つでも当てはまる方
が2つ以上当てはまる方
睡眠時無呼吸症候群の疑いがあります。
1度、当院へご相談下さい。

治療実績

【治療実績】
睡眠時無呼吸症候群
検査件数(C-PAP導入検査含む)
平成25年度
平成26年度
平成27年度
197件
188件
250件

外来案内

野口 久(のぐち ひさし)
【認定資格・所属学会】
医学博士
日本アレルギー学会 専門医
日本呼吸器学会 指導医、専門医
日本呼吸器内視鏡学会 指導医
日本内科学会認定医
日本医学会産業医
外来の曜日
受 付
診 察
月曜日
12:30~17:00
【一部予約制】
14:00~
火曜日
(第1・3週)
【完全予約制】
午後
水曜日
12:30~17:00
【一部予約制】
14:00~
金曜日
12:30~17:00
【一部予約制】
14:00~

▲ページのトップへ